ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

手湿疹!市販薬や皮膚科でも駄目だったが改善させた女性の体験記!

f:id:otameshisan:20170421131204j:plain

ただの手荒れだと思っていたら、だんだんひどくなっていく・・・
手のかゆみや湿疹、水ぶくれに悩んでいませんか?
強い手荒れを感じるようになれば、それは手湿疹(主婦湿疹)かも?
お薬を塗ると良くなるがスグにまた悪化するというパターンに。。。

 

手湿疹とは

毎日、水仕事をする主婦の方や調理師などにみられる強い手荒れを手湿疹(主婦湿疹)といいます。手にかゆみを感じるようになり、次第に湿疹や痛みが出るようであれば、それは手湿疹かもしれません。

手湿疹は産後に悪化することが多いようです。出産後は、女性ホルモンの分泌量が変化することもあり、このホルモンのバランスの影響によっても手湿疹の症状が悪化する事があります。

 

そこで今回は、つらい手湿疹を改善させた女性の体験記を紹介します。

 

つらい手湿疹を改善させた女性の体験記!

私のつらい手湿疹の悩みとは

症状が悪化したのは子供を出産してからでした。

「手湿疹」以前は主婦など、女性がよく患うものとして「主婦湿疹」とも呼ばれることが多かった手荒れトラブルです。

もともと季節の変わり目や乾燥する時期には手がカサカサしたり、水泡が出来ることはありました。しかし以前は放っておいても良くなることが多く、病院に行ったりこまめに手のケアをすることはありませんでした。

 

ところが娘を出産し、ミルク瓶の洗浄、オムツ替え前後の手洗いなどなど、一日に何度も手を洗ううちに、みるみる手は荒れていきました。すべての指の先の皮がむけ、指から手のひら全体の皮もむけ、アカギレも多数。

水回りの家事はもちろん、酷いときにはお風呂や普通に物を触るだけでも痛みを伴いました。また手荒れ酷さから人と手を繋いだり、見られることが苦痛になり、コンプレックスを抱えることになりました・・・。

 

私のつらい手湿疹の悩みに関するエピソードとは

娘が大きくなると地域の子育てサークルなどに参加するようになりました。ある日、大人も参加してダンスを踊る機会がありました。大人と子供が交互に手を繋ぎ輪になって踊るのです。

手荒れが気になる私はあまり気乗りはしませんでしたが、繋がないわけにはいきません。皆で手を繋ぎダンスの内容を聞いていると、私と手を繋いでいた女の子が「なんでお手てがガサガサしてるの?」と手を放し、私の手をじっと見つめました。。。

 

女の子のお母さんは「そんなこと言わないの!」と気まずそうにたしなめていましたが、とても恥ずかしく、また申し訳なく感じました。

よく見ると、他の子のお母さんの手は荒れていないどころか、ネイルや指輪などとても綺麗で、同じ子育てをする身でも、こんなに違っていたのかと、とても落ち込みました。

 

私のつらい手湿疹の悩みを解決した方法とは

手荒れがひどくなってから、全く何もしていなかったわけではありません。最初は手荒れやアカギレに聞くというハンドクリームを、いろいろと試しましたが効果はあまりなく、むしろ刺激が強かったりして、使えないものもありました。

 

次に、市販の薬では改善しなかったので皮膚科へ行きました。手湿疹の診断の元、出されたのはステロイドの入った薬。ステロイドは治りは早いものの、使うのをやめるとすぐに再発しました。

何か月、何年も病院に通い続けるのは、時間も費用もかかりますし、なによりステロイドは使用し続けると、皮膚が薄くなるということを聞いていたので、不安になりやめました。

 

市販の薬で治そうにも、そのころには手荒れ用の薬でも刺激が強すぎて、塗れない状態に・・・途方に暮れていた私を救ってくれたのは「ワセリン」でした。

たまたま娘用に処方されていたベビーワセリンを、娘に塗るがてら、私の手にも塗ってみると全く刺激がない。また伸びもよく多少べたべたするものの、時間が経てば手にしっとりと馴染みました。

これしかない!そう感じ、そこからワセリンを基礎とした改善生活が始まりました。
主に気を付けたことは以下の4点です。

 

①夜寝る前にはワセリンをたっぷりと塗り、木綿の手袋をはめる

かなりべたべたすると感じるくらいしっかり塗り、保湿度が上がるように木綿の手袋をはめました。

 

②水仕事は木綿の手袋をしたうえでゴム手袋を使用する

最初はぴっちりと密着するタイプのゴム手袋を使用していましたが、ゴムにまけたのか手袋の中でかく汗にまけたのか余計に手湿疹がひどくなりました。木綿の手袋を中に使用すると汗を吸い取り蒸れることもなくなりました。

 

③シャンプーやボディーソープを低刺激のものにする

毎日触れなくてはならず、意外と刺激が強いものがお風呂関係のもの。クレンジングや洗顔料も低刺激のものを使用するともっといいと思います。私が使用してよかったものは石鹸です。顔や体は石鹸で洗い、シャンプーやリンスも石鹸由来の界面活性剤が使われていないものを使用していました。

 

④洗濯洗剤を低刺激のものにする

直接触れなくとも、洗濯物を干したりするだけでも手に触れます。こちらも石鹸由来のものにすると安心です。

 

特に①②は実行すると劇的に改善されました。

また家事の後だけでなくトイレがら出た後など、ちょっとでも水を触った後にはしっかりと水分をふき取り、こまめにワセリンを塗るよう心掛けました。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

手湿疹は毎日使う手の部分なので治療しにくく、薬で治ったと思ってもすぐに再発してしまうもの。そのたびに痛みを堪えながら過ごすのはとても辛いと思います。

ですが根気強く少しづつでも気を付けて生活すれば改善していけると実感しています。

今では夜のワセリンと木綿手袋+ゴム手袋のみ続けていますが、荒れることはほとんどなく人前でも堂々と見せられる手になりました。

大事なのは少しづつでもいいから続けて予防していくことです。手湿疹とうまく付き合いながら生活していけるように少しづつ頑張りましょう!

 

 

手湿疹の最後に

この方は、ひどい手湿疹に悩まされておられました。

市販薬や皮膚科にもたよるも断念。。。

そこでたまたま良かったのがワセリンでした。

そしてワセリンをベースにし、さまざまな生活改善が克服への道へ。

同じ悩みをお持ちの方に、何かヒントになればと願います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。