読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

貧血を改善!つらい症状から解放された女性の体験からの提案とは!

f:id:otameshisan:20170412122527j:plain

つらい貧血。。。

経験のない人には、あまり理解してもらえないつらい症状・・・

失神や立ちくらみが起きたり、ひどいときには、息切れや動悸など。

日本人の成人女性のうちの約17%が貧血だといわれています。

 

貧血は

貧血の原因として多いのは、全身に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することによる鉄欠乏性貧血です。

女性の場合、毎月の生理や妊娠、出産など、女性特有の生理現象で血液を失うことが多いため、貧血になりがちです。

男性の鉄欠乏性貧血の原因の半数以上は、消化管からの出血ですので、貧血症状がある男性は、念のため病院で診察を受けてみてください。

 

そこで今回は、つらい貧血の症状を改善された女性の体験談を紹介します。

 

つらい貧血の症状を改善された女性の体験談!

私のつらい貧血の悩みとは

私は現在28歳ですが、高校1年生の頃から貧血の症状が出始めました。それまでは自分が貧血だと感じたことはありませんでした。生理が始まったのが中学3年生の時なので、その影響なのかと自分では思っています。

毎日やしょっちゅう辛いわけではなく、半年に一度くらいのペースで急にめまいがして吐き気に襲われます。また、周りに分かるほど顔色が悪くなり青白くなります。毎回、最終的には吐き気の末に嘔吐をしてしまい、しばらく休むと何事もなかったかのように回復します。

 

これまで、高校の部活中や大学時代の授業中やバイト中、社会人になってからは仕事の接客中に、そのような症状に襲われ、その度にまたかと困り、悩まされてきました。また、普段から立ちくらみや息切れが多い方でした。

 

私のつらい貧血の悩みに関するエピソードとは

私は販売員として就職し、2年目で店長としてアパレルショップの別店舗に配属されました。配属して間もない頃、直属の上司であるエリアマネージャーが店舗を訪れて、ミーティングをしてくださいました。

その中で、スタッフの少ない店舗なので体調管理をしっかりすること、ということを言われ、自分自身もそれは自覚していたので「勿論です!」と自信たっぷりに答えました。

 

その後、スタッフにもその旨を伝えたのですが、しばらくして貧血の症状が出てしまいました。接客中にめまいと吐き気がしてきたのが分かったので、なんとか治ってくれないかと接客に集中しようとしたのですが、今にも吐きそうになり、あとをスタッフにお願いしてトイレに走りました・・・。

体調管理を徹底するよう部下に伝えた直後に、まさに自分が体調を崩してしまい、本当に情けなかったです。。。

 

私のつらい貧血の悩みを解決した方法とは

私は結婚を機に会社を退職して、専業主婦になりました。会社を退職してからも、日々の立ちくらみや息切れの感じやすさは変わらずありました。

それまで、貧血の症状で不便を感じることは何度もあり、自分は貧血がちなのかもと、考えることはありましたが、詳しいことは調べたことはありませんでした。

専業主婦になって、時間や気持ちに余裕が出てきたことで、自分の健康に目を向けるようになり、以前からの悩みの種である、めまいや吐き気の症状について詳しく調べてみました。

 

すると、自分の不調の原因はまさに貧血であり、食生活に問題があるのでは、ということが分かりました。貧血に良いとされるレバー全般やマグロ、ほうれん草、小松菜といった鉄分豊富な食材が見事に苦手で、それまでほとんど摂取していませんでした。

これだけ、鉄分不足が明らかだと逆に改善はしやすいと前向きに捉えて、積極的に食事に取り入れることを決めました。主婦だからこそ毎日のメニューを自分で決めて自炊ができるので、食生活改善は容易でした。

 

レバーは独特の匂いと食感が苦手なので調理前の臭み取りの工程を念入りに行い、トマトソースに加えてラタトゥイユやパスタにすると美味しく食べられました。

マグロは赤身の刺身が特に苦手なので加熱をしてほぐし、大葉などの薬味と合わせて混ぜご飯にすると良かったです。

ほうれん草や小松菜は細かく刻んでチャーハンやオムライスの具にして取り入れました。

その他にも鉄分の含まれる食材を頻繁にネットで調べて、まんべんなく毎日のメニューに取り入れるようにしました。

 

その甲斐あってなのか日々の立ちくらみを感じることが少なくなり、また定期的にあった吐き気の症状が気付けば無くなっていました。そうして、妊娠をして妊婦検診の貧血の検査にも引っかからずでした。地道な食生活の改善が原因なのかな、と自分では思っています。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

貧血の辛さは、症状のない人や男性にはあまり分かってもらえず、辛いことと思います。

日々の生活で、なかなか自分で改善に踏み出すのは難しいとは思いますが、試してみる価値はあると思います。

私は貧血が改善されて本当に良かったと思っています。

時間や気持ちに余裕がないとなかなか行動に移しにくいですが、食べ物だけでなく市販薬やサプリメントを活用するとハードルは低いと思います。ぜひ試してみてください。

 

 

貧血の改善の最後に

この方は、若い時からの貧血に悩んでおられたようですね。

貧血の症状は、経験のない人にはあまり理解してもらえないものですよね。

そして、食生活の改善をし、貧血の症状も軽くなったようです。

食品に含まれる鉄分には、吸収率の良いもの「ヘム鉄(肉類や魚介類)」とあまり吸収率が良くないもの「非ヘム鉄(乳製品や青菜類)」があります。

鉄分は動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に食べると吸収率が高まるといわれています。

鉄分を含む食材も食べ方に注意したいですね。

同じお悩みを持たれている方は、何か参考にされてみては。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。