ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

なぜマテ茶が"飲むサラダ"と呼ばれる効能と効果って知ってる?

f:id:otameshisan:20170129112220j:plain

マテ茶は南米発のお茶で、その栄養価の高さから"飲むサラダ"と呼ばれており、野菜の栽培が難しい南米の多くの地域では、重要な野菜に変わる栄養摂取源の1つになっています。

マテ茶は野菜が栽培しにくい地域の人にとって重要なお茶で、様々な栄養を効果的に取れるお茶として昔から重宝されています。

現在、日常的に飲まれるお茶で健康的に効果が高いということで世界中から注目をされるようになってきました。 欧米ではコーヒー、紅茶ですが、南米ではマテ茶というように世界の3大飲料として親しまれています。

 

 

 マテ茶の効能を知る前にマテ茶とは

 マテ茶とは南米の原産のイェルバマテと呼ばれる葉を茶葉としてつかい、水出しや煮出しによりお茶にしたものです。

ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンの主に南米大陸の東部で生産されているお茶で、モチノキ科の常緑樹が原料です。

 マテ茶には収穫後の処理方法の違いによって、2種類のお茶があります。
緑色のグリーンマテ茶、黒色のローストマテ茶が代表されるものです。
グリーンマテ茶は青臭く強い苦みが特徴です。
ローストマテ茶は香ばしくなっており、青臭さ消えています。
ローストマテ茶は水出しとして飲まれることが多いです。

 

マテ茶の効能をうむ成分は

 マテ茶には栄養素が豊富に含まれており、ビタミン、ミネラル、食物繊維、特に鉄分カルシウムの含有率が高く、通称では"飲むサラダ"や"ミラクルティー"などともいわれています。

その他に、亜鉛、鉄、マンガン、ナトリウム、ポリフェノール(フラボノイド)、なども含まれていますので、健康的で綺麗な体を作るのにはとても効果的な飲み物といわれています。

 

マテ茶の効能は

●マテ茶の成分のフラボノイドとはポリフェノールの一種で、動脈硬化を防ぐとともに中性脂肪を分解して肥満を予防する効能があるとされています。

●また豊富なポリフェノールによって血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させ太りにくい体にする手助けとなると言われています。

 

●マテ茶は、カルシウムやマグネシウム、鉄などのミネラルが含まれていることから新陳代謝が上がり、また食物繊維も多く含まれているので腸の調子を整えるなど、ダイエットの効果も期待できます。

 

●ビタミンAが豊富で、肌を美しくする美肌効果や、眼精疲労にもよいとされています。

 

●豊富な栄養素により不足している栄養素を補い、グリコーゲンの生成を促進し血中の疲労物質を減少させることで疲労回復に役立ちます。

●フラボノイドはポリフェノールの一種ですので、抗酸化作用を持ち活性酸素から身体を守ります。

 

●また食物繊維や、便を柔らかくする作用があるマグネシウムが豊富なため、腸や便の状態を整えることで便秘の解消にもいいと考えられます。継続して飲むことで腸の運動機能を高めるとも言われています。

 

●マテ茶はマテインというアルカロイド物質を含み、神経の過剰な興奮を鎮めストレスによる緊張やイライラなどを緩和するとともに、自律神経を刺激して活力をもたらし気分の落ち込みや無気力状態を改善するのに有効と考えられています。

 

●マテ茶には糖化産物(AGE)の形成を抑制する働きがあることが報告されていて、糖尿病予防・糖尿病による合併症予防などにも効果が期待されています。

 

●また含まれているコリンはアミノ酸から合成される成分で血管を拡張して血流を良くするとともに、血圧を下げる作用が期待されています。そしてコリンはコレステロールをコントロールするレシチンを生み出すので、動脈硬化にも効果があるとされています。

 

マテ茶を飲むのに注意したいところ

妊娠時や授乳時に気にされるのがカフェインですが、マテ茶のカフェインの含有量はコーヒーの1/4程度ですので、飲みすぎなければ問題ない程度と考えられます。妊婦の方に不足がちになるミネラル分等がマテ茶には含まれていますので、薄めのマテ茶を適度に飲むのであれば問題ならない程度と考えられます。

マテ茶は、大量に飲んだり、アルコールと一緒に長期に渡って摂取すると副作用が出やすいと指摘されています。特に医薬品との服用の場合は、医師に確認することをおすすめします。

 

噂されているマテ茶の発がん性は?

マテ茶をよく飲む南米の国では、咽頭ガンや食道ガンを患う方々が多いため、世界中で「マテ茶に発がん性物質が含まれている」と一時噂されるようになりましたが、マテ茶には発がん性物質は含まれていないという研究結果が報告されています。

南米の人はマテ茶を金属製のストローがついたコップで飲むのが大多数で、熱い飲み物をストローで飲むことによって喉や食道に炎症がおきて、がんの発症率が高まったためそのような噂がでてきたようです。
なのでマテ茶の成分そのものに発がん性物質があるのではなく、あくまでも飲み方に問題があると考えられています。

 

最後に

以上のことから、マテ茶は生活習慣病を予防する効果を期待できるし、野菜が不足がちかなと感じている人は、ぜひマテ茶で必要な栄養素を補ってみてもいいのではないでしょうか。

体にいいと言われているものでも、撮り過ぎると害になるものは多いですので、何でも過剰に撮り過ぎず、適度な摂取で健康生活を送っていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。