ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談とは!

f:id:otameshisan:20170428170714j:plain

出産後、痔に悩まされるママはたくさんいます。
一人で悩みを抱えている人が多いようです。
誰にも言えずにずっと我慢をしているママもきっと多いのでは。
ぜひ、この方の体験談を読んで行動に移してください。

 

なぜ妊娠中、産後に痔になるの?

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が多くなることによって腸の動きが悪くなるため、便秘がちになります。硬くなった便を外に出そうと強くいきんで、肛門の出口付近で切れ痔になりやすくなります。

また出産時に強くいきむと、肛門に負担がかかって、切れ痔になることがあります。

そして産後は、授乳することで体内の水分が不足ぎみになり、便が硬くなって便秘になりやすくなります。育児による疲れやストレスによって便秘がちになり、その結果、痔を発症しやすくなります。

 

そこで今回は、産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談を紹介します。

 

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談!

私の痔の治療の悩みとは

妊娠中は痔になりやすくなる、と言われていますが、まさに私もそうでした。妊娠中の痔については、産科からもらった塗り薬ですぐに良くなりましたが、ひどかったのは、産後すぐに始まった痔でした。

初めての出産で、いきむ事もうまくわからずに、思いっきりいきんだのが原因だったと思います。産後すぐ、助産師さんから痔が少し飛び出ている、と言われましたが、その時はそうですか、とあまり気になっていませんでした。

 

母乳育児でしたので、水分をあっという間に母乳の方に持っていかれ、水分不足状態が続いてしまいました。そのため便がかちこちに固くなってしまい、排便時にはかなりの痛みをともないました。切れて出血もしましたし、中から飛び出てきた痔が大きくなってしまいました。

 

私の痔の治療の悩みに関するエピソードとは

出産時に会陰切開もしたので、縫った後はとても痛くて痛くて、排便するのがとても怖かったです。おしっこするのもとても怖くてしみるのではないかとか、裂けるのではないか、など心配でしたが、それはありませんでした。

とにかく排便するのが恐怖でご飯をほとんど食べないようにするほどでした。それでも、良い母乳のためにと思ってしっかり噛んで食べることにしました。

 

しかし痔はなかなか治らず、入院中は円座が欠かせなくて、家に帰ってからも地べたに座ることができず、赤ちゃんに授乳する時の姿勢でお尻がつかないように工夫して座っていました。

そのため肩や腰、腕がとても疲れました。痔は日ごとに悪化し、寝ている時以外は一日中お尻がジンジン痛かったです。

 

私の痔の治療の悩みを解決した方法とは

妊娠中から塗っていた婦人科で出してもらった薬を毎日何度も塗っていましたが、全然効かず、それどころか排便の度に切れて出血し、悪化していたので、肛門科にいってみてもらうことにしました。

お尻を出すのは恥ずかしかったのですが、それより痛みがひどかったので、一刻も早く診てもらいたいという気持ちの方が勝っていました。

診察では触診がありました、切れているところを確認し、切れ痔と判断されました。薬は気軽に1日に何度も塗れる塗り薬と、ステロイド入りの塗り薬と、座薬のような形をした注入タイプの薬と便を柔らかくする薬と胃薬と、痛み止めの飲み薬を出されました。

 

これだけの薬があれば治るだろうと少しホッとしていました。先生からは便が下痢ほどではないが少し緩くなるように、排便時に切れないような固さの便になるように目指しましょうと言われました。

帰ってすぐに飲み始めました。ステロイド入りの塗り薬はけっこう良く効きました。一日中痛かった痛みが消えて、普段の生活はだいぶ楽になりました。お尻のことは忘れて赤ちゃんのお世話に集中できました。

 

また、便を柔らかくする薬も飲んだらすぐに効きました。特にお腹が痛くなるわけでもありませんでしたし、確かに便が柔らかく出しやすくなりました。

排便後はお尻をトイレットペーパーで拭くのではなく、ウォシュレットを使って優しく洗い流してくださいと言われました。こすることが悪化するらしいのです。

それでも排便時には、やはり切れてしまい、なかなか元に戻りませんでした。切れては薬を塗り、また切れては薬を塗り、の繰り返しでした。

 

これは後で気づいたのですが、授乳中は、本当に水分不足になりやすく、便がかちこちになりやすいので、私は超水分不足でした。そのためなかなか痔が治らなかったのです。

きっと授乳中でない人であればもっと早く治っていたはずです。それから水分不足をふせぐため水2リットル以上はのみ、さらにヨーグルトや、乳酸菌飲料も摂るようにしました。そうすると薬では治らなかった痔がようやく治りました。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

妊娠中から痔の方は是非気をつけていただきたいです。正直、陣痛や出産の痛みは、時間が経てばなくなりますが、痔の痛みは私のように数ヶ月続くこともあります。

出産より痛いという人がいるのはこのためだと思います。

出産の時のいきみで、切れてしまった場合は肛門科で診てもらい、適切な薬を塗り、しっかりと水分を摂り、お尻をお風呂に入って温めたり、ウォシュレットを使うなど徹底的に対処する事で悪化せずにすみます。

悪化してしまうとひどい痛みになるので、軽めのうちにしっかりと治してください。

 

 

痔の治療の最後に

この方のように、妊娠中から産後にかけて痔になる方は多いですね。

産後の育児の忙しさから、ほったらかしに・・・。

しかし一人で悩まず、この方のように肛門科に受診してみては。

痔の原因のほとんどが便秘による固い便が影響しています。

お医者さんに、切れ痔の塗り薬や便をやわらかくする薬を処方してもらえます。

同じ悩みをお持ちの方に、何か参考になればとおもいます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おすすめ関連記事

痔の症状を改善!妊娠中から出来た痔で悩まされた女性の提案!

切れ痔の治療に成功!辛い思いから解放された女性の提案とは!

イボ痔を治療!注射療法で完治された女性の体験談とは!

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談とは!

産後を機になるイボ痔は治る!つらいおもいを克服した女性の体験談