ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

産後を機になるイボ痔は治る!つらいおもいを克服した女性の体験談

f:id:otameshisan:20170508165425j:plain

妊娠、産後を機に痔に・・・。
出産後、痔に悩まされる女性はたくさんいます。
ひどいと座ること自体がツライこの痛み。。。
誰にも言えずに我慢をしている女性も多いのではないでしょうか。

 

妊娠、産後にイボ痔になるのは

妊娠すると骨盤内の血流量が多くなり、肛門周辺の血流が悪くなって痔を発症しやすくなります。

また、胎児が成長して大きくなるにつれ、腸や肛門が圧迫され、肛門から心臓への血液の巡りが悪くなってうっ血し、その結果、イボ痔になりやすくなります。

また分娩時にイキんでしまうことで肛門近くの血管を圧迫、血液が溜まってしまうことで、イボ痔になりやすくなります。

産後の女性の2人に1人は痔に悩まされています。その中でも特に多く見られる痔がイボ痔、切れ痔です。

 

そこで今回は、産後にイボ痔になり克服された女性の体験談を紹介します。

 

産後にイボ痔になり克服された女性の体験談

私の産後のイボ痔の悩みとは

32歳で初めての出産をした後、イボ痔になってしまいました。よく出産後痔になる人が多いということは聞いていましたが、まさか自分もなるとは思ってもいなかったのでショックでした。

初めての出産ということもあり、出産時にかなりいきんでしまい、その結果、痔になってしまいました。

 

看護婦さんがいうには、私のイボ痔はかなり特大だということで、あまりの痛さに座ることはもちろん、眠ることもできず、入院中も睡眠不足と授乳、お尻の痛さで最悪でした。

入院中は、回診の時に先生に診てもらい、薬をもらっていましたが、痛みはなかなか引かず満足に座ることもできませんでした。

 

私の産後のイボ痔の悩みに関するエピソードとは

出産後の痛みにプラスして、イボ痔の痛みもあったため、なかなか便を出すのが怖くて、数日は我慢していました。

ただ、それが悪かったようで、便が腸にたまったままでいると、腸から押し出されてイボ痔の痛みがさらに強くなってしまうことを知り、それからは、我慢せずに便を出すようにしました。

 

出産後に縫った部分も怖く、イボ痔の部分も触るのが怖かったですが、便を出すと痛みは少し治まり、意外と大丈夫だということがわかりました。

ただ、硬い便の時は涙がでるほどお尻が痛かったので、なるべく柔らかい便になるように、水分を多めに摂るようにし、食物繊維が豊富に含まれている食品を積極的に摂るように心がけました。

 

私の産後のイボ痔の悩みを解決した方法とは

私がとった痔の対策は、常にお尻を清潔にし、できるだけお尻に薬を塗って安静にするようにしました。

授乳などもあったので、一日中安静にしていることはできませんでしたが、入院中は食事の用意をすることもなかったので、家にいるよりも安静にする時間がとれたのがよかったのかと思っています。

また、便秘になると痛みが倍増してしまうので、できるだけ自然に便を出せるように、食物繊維の豊富な食べ物を積極的に食べるようにし、水分も多めに摂るようにしていました。

 

看護師さんに相談してみたところ、お尻を常に清潔にしておくことが大事だということだったので、トイレの後は温水シャワーで常にきれいにすることを心がけました。

出産時に起こった痔は、無理な体勢で座ると余計にひどくなるようなので、ドーナツクッションをお尻の下に敷いて、あまり長い時間椅子に座らないように注意していました。

 

産婦人科に入院中は、朝食時に他のママさんとはなす機会があり、思い切って痔の話をしたところ、5人中3人が痔になったということがわかりました。

自分だけではなく、よくあることだということがわかっただけでも気持ちが楽になりました。また、その中の一人は、3人目の出産後で、3回とも痔になったけど、2週間もすれば痛みもなくなっていくので大丈夫と言われ、一時的なものだと思えば我慢できると思えるようになりました。

 

出産時のいきみが原因でイボ痔になっても、ほとんどの場合は、自然治癒していきます。ただ、人によっては、悪化してしまうこともありますから、あまりにも痛い場合には、婦人科や肛門科を受診してみるといいと思います。

私は入院中に発症したので、そのまま回診時に診察してもらうことができましたが、退院後に発症したという人は、恥ずかしがらずに病院を受診することをおすすめします。

 

イボ痔には、ステロイドが含まれた薬が処方されることがほとんどですが、妊娠中で赤ちゃんに影響があるのが心配な場合は、婦人科を受診すれば影響の少ない薬を処方してもらえますから、心配はいりません。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

痔というと、場所が場所だけに恥ずかしくて誰にも相談できないと思っている人もいるかもしれませんが、看護婦さんは痔などは見慣れていますから、恥ずかしがらずに相談してみることが大事です。

適切な対処をとることで、痛みも軽減しますし、治りも早くなりますから、相談してみることをおすすめします。

出産で起こる痔は必ず治りますから、心配はいりません。

 

 

産後のイボ痔の最後に

この方は、産後のイボ痔に悩まされたようです。

しかし妊娠中や産後に痔になる方は、非常に多いですが、一人で悩んでおられる方も多いようです。

この方のように、婦人科でそのまま相談し、薬を処方してもらい安静にされるのもいいですね。

出産を機に痔になった方は、たいてい治られておられます。

婦人科で出してもらった薬で、退院後も痔が長引くようでしたら、是非、肛門科を受診しましょう。

肛門科では、より強い薬を処方してもらえます。当然、授乳の有無はお医者さんにいっておきましょう。

同じ悩みでお困りの方に、参考になればとおもいます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おすすめ関連記事

痔の症状を改善!妊娠中から出来た痔で悩まされた女性の提案!

切れ痔の治療に成功!辛い思いから解放された女性の提案とは!

イボ痔を治療!注射療法で完治された女性の体験談とは!

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談とは!

産後を機になるイボ痔は治る!つらいおもいを克服した女性の体験談