読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

更年期障害の症状を改善!つらい症状を改善させた女性の提案とは!

f:id:otameshisan:20170406111553j:plain

つらい更年期障害。。。
頭痛がひどい、倦怠感が取れない、吐き気、イライラ、体がだるい・・・。
最近は、30代から更年期障害によく似た症状を訴える女性も増えているそうです。
一人で悩んでおられる方も多いのでは。

 

更年期障害

 更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことです。

つまり、女性ホルモンの急激な減少に身体がついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなる状態になることです。

一般的には閉経をはさんだ、45歳~55歳の約10年間を「更年期」と呼びます。

 

そこで今回は、つらい更年期障害の症状を改善させた女性の体験談を紹介します。

 

つらい更年期障害の症状を改善させた女性の体験談!

私の更年期障害の症状の悩みとは

40代後半から、なんとなく身体のあちこちが調子悪くなり始め、精神的にも今まで感じたことのないようなモヤモヤや、生きている意味があるんだろうかなどと暗い気持ちに襲われることが度々出てきました。

これが、よく言われる更年期障害か、と思い始めてから今で3年目になります。

 

まず膝に痛みを覚え、整形外科に行くと、膝変形関節症だと診断されました。膝の痛みは加齢に伴い出てくる人が多いのは知っていましたが、健康には自信があり、スポーツもしていたのでショックでした・・・。

膝の次は股関節に違和感を感じました。赤ちゃんの頃、股関節脱臼だったので、老化とともに症状が現れたとのことでした。

あと、疲れやすくなったり、落ち込んだり、身体と心がどんどん弱ってくることに、恐怖すら覚えました。年を取るって、過酷だと感じ始めました。。。

 

私の更年期障害の症状の悩みに関するエピソードとは

今まで車を運転していて、事故なんて起こしたことないのに、調子悪いな、集中力なくて気もそぞろだなあ、と思っていた矢先、バックしていて家のカーポートに車の後部をぶつけました。

ちょうど車検の時期でもあり、廃車にして買い替えを決めました。車がくるまで、落ち込みながらも代車を運転していたら、今度は、バックして方向転換しようとしたとき、図書館の立て看板に車の後部をぶつけました。

車から降りて、へこんだ部分を見て、夢ならいいのに、と呆然としたことを今でも覚えています。主人に怒られる、どうしようと目の前真っ暗でした・・・。案の定、叱られ、もう二度とぶつけない!と新車に載り始めましたが、1か月めに、またバックで電柱にぶつけました。。。

 

私、どうしたんだろうと悩む毎日でした。忘れたい思い出です。

 

私の更年期障害の症状の悩みを解決した方法とは

このままではダメだ、と思い、いままで辛い時にどうやって乗り越えたか思い出して、次々やってみました。

私の場合は、読書すること、映画や海外ドラマをみること、友人たちとおしゃべりすることでした。

 

身体を動かすとか、スポーツを積極的にする気持ちにはなれませんでした。でも、周りはすごくスポーツを勧めるので、ヨガだけはしばらく続けました。ヨガは思ったよりずっと良かったです。こんなにメンタルにも働きかけて良い方向に向かわせてくれると、初めて知りました。

 

自分には、この本を読んだら元気が出るというのが数冊あり、それは「75歳の静子さん」という素敵なおばあちゃんが主役の本でした。いろんなことがあっても、ユーモアを持って乗り越える静子さんのようでありたい、そう思いながら何度も読み返し、いつも鞄に入れて、お守りみたいに持っていました。

 

映画や海外ドラマの中でも、このDVDのここの部分が好きだ、というのがあります。これは観ると元気が出る、これは気持ちがあたたかくなる、というのは繰り返しているからわかっているので、その時の気分に合ったものを順番に観ていました。漫然とただテレビを観ているより、ずっと良かった気がします。

 

週に2回ほど、アルバイトをしていましたが、仕事の間はあまり深く考えることなく済むので良かったです。仕事を持っている人は、日々こなすことで精いっぱいで、くよくよ考える暇がないのだなあ、と改めて思いました。

友達と楽しくおしゃべりして、美味しいものを食べて、いっぱい笑って楽しい時間を過ごすことも気分転換になりました。ただ、完全に気持ちが晴れることはなく、家に帰るとため息が出ましたが、やはり、日々の気持のレベルは少しずつ上がっていくのを感じました。

 

とにかく思いつめないこと、今が幸せだと気付くことに気持ちを集中しようと一生懸命でした。いまは、たまに不調はありますが、自分なりに付き合い方を覚えた感じです。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

更年期は女性なら誰もが通る道で、必ず楽になると言われていました。

でも、渦中にいるときは、何をしても気が晴れず辛いです。

年齢的に自分の加齢による変化だけでなく、親の老化も悩みになってきます。

でも、徐々に前は開けてきます。無理をせず、生活の中に好きなことを取り入れてくださいね。少しずつ元気になってきます。

それと、家族や友人など、みんなに支えられていると気付ける良い機会でもありますから、焦らず乗り越えましょう!

 

 

更年期障害の症状の最後に

この方は、つらい更年期障害に悩まされていたようです。

そこで、気分が晴れる自分の好きなことをみつけて色々と試されました。

そして自分なりの向き合い方を得られたようですね。

また、つらい時期でもあったようですが、家族や友人のありがたみを感じることもできたようです。

同じ悩みで、おこまりの方にも、何かヒントになればと望みます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 おすすめ記事

更年期障害かな?と悩んでおられる方へ読んでもらいたい克服体験談!

更年期障害を改善!アロマで症状を解消させた女性の体験談とは!

更年期障害の症状を改善!つらい症状を改善させた女性の提案とは!

更年期障害の改善!リラックス方法を見つけた女性の体験談とは!