ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

更年期障害の改善!リラックス方法を見つけた女性の体験談とは!

f:id:otameshisan:20170407120049j:plain

つらい更年期障害・・・
更年期障害と言ってもさまざまな症状があります。
急な汗・イライラ・重だるさ・肩こりなど。
更年期の症状は複雑で原因や対策方法はさまざまあります。

 

更年期障害

更年期障害とは、閉経前後の更年期にホルモン産生のバランスが乱れ、ほてり、のぼせ、発汗などの症状が現れる状態です。

更年期とは、女性は平均的に50歳前後で閉経を迎えますが、その前後5年間の期間を指します。

症状と対策は、人それぞれ、さまざまあります。

 

そこで今回は、更年期障害を自分なりのリラックス法で改善させた女性の体験談を紹介します。

 

更年期障害を改善させた女性の体験談!

私の更年期障害の悩みとは

私は以前、更年期障害に悩まされておりました。

更年期障害とは当初気付いておらず、体調や気分の変化に心も体も追いつかない状態でした。

症状としてはいきなり汗が出てきたりしておりました。また感情の起伏が激しく、ふとしたことでいらいらしたりと、自分で自分が抑えられない状態が続いていたのです。そして体調を壊しやすくなっており、風邪を引いた場合なかなか治らない状態でした。

 

そのため、お医者さんに相談したところ、更年期障害であると診断されたのです。私自身、更年期障害と言う言葉は知っておりましたが、年齢的にはもっと先のことであると思っておりました。

そのため、更年期障害と言われたことに対してさらに気持ちが沈んでしまったのです。

 

私の更年期障害の悩みに関するエピソードとは

更年期障害とわかり、私はますます気持ちの起伏が激しくなるのが目に見えて分かっておりました。そのため、周囲の人にもかなり迷惑をかけてきたと思います。

自分を押さえようとすればするほど、自分を抑制できず、結果、爆発してしまうのです。そんな感情のコントロールができない状態が続いており、私自身、申し訳ない気持ちでいっぱいとなっておりました。

 

そのため、あまりにも考えすぎていたためか、不眠症になってしまったのです。いくら寝ようとしても寝れず、夜中3時、4時まで目が覚めているのです。私自身、仕事もしていたため、寝れないということはとても致命傷となっておりました。

そして、結果的に食欲もなくなっており、体重が7kg落ちてしまっていたのです。

 

私の更年期障害の悩みを改善させた方法とは

私は、更年期障害となり、自分がこれまで経験したことのない不眠症や食欲不振に陥っておりました。

そのため、何とかこの状況を回避しなければ、本当に入院などしないといけない状態や仕事すら、やめなければならないかもしれないと考えておりました。

そこで、自分なりに対処方法を考えようと決めたのです。もちろん、お医者さんからも薬はいただいていたのですが、薬とは別に自分なりの対処方法が必要であると思いました。

 

私は以前から、ヨガや座禅をしており、そういった部分で自分なりに気持ちをコントロールできないか模索し始めたのです。もちろん、インターネットなどで情報も収集しました。その結果、自分の気持ちをやわらげて上げるためにはリラックスさせることが必要である、ということに行き着いたのです。

私は、どういったときに何も考えずにリラックスできるのかを考えました。

もちろん、ヨガや座禅なども効果的であると考え、やってみたのですが、飛躍的にリラックスできている感じはありませんでした。

 

そのため、新しい何かを探すべく、私は一人で温泉に行くこととしたのです。これまでも温泉にはいってはいたのですが、一人で行くことはなく、そのため今回は自分ひとりで行ってみようと考えたのです。

もちろん、仕事もあるため週末にいくことになるのですが、それでも、一人でのんびりすることができると思い、温泉へ出かけていきました。

そして、何度か訪れた場所ではあったのですが、一人で行くことで普段は目にしていない景色をみつつ、リラックスしている自分を感じることができたのです。

誰にも迷惑をかけたくないと思う気持ちで私は一人で行くことを決めたのですが、一人でいることですべてのことから開放されているような感覚を得られたのです。

 

その結果、私はこれまでにないリラックスした気持ちで時間を過ごすことができ、何とか自分の気持ちをコントロールすることができるようになりました。

もちろん、リラックスできることを感じて、すぐにコントロールできたわけではありませんが、いらいらしてきた場合、リラックスすることはどういうことなのかを思い出し、感情をコントロールしたのです。

それを繰り返すことで、知らないうちにいらいらする感情は回数が減ってきておりました。もちろん、リラックスによって解消されたのかどうかは分かりませんが、少なくとも私は自分なりのやり方で解消できたものと考えております。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

感情をコントロールすることはとても大変なことです。

そして更年期障害となっているならなおさら、その苦痛から逃れることは難しいと思います。

ですが、自分のことを理解し、その苦しみを少しでも和らげてあげられるのも自分だと考えてください。

そして、自分の置かれた状態を理解した上で、自分にあったリラックス方法を見つけてあげてください。

必ず、穏やかな時間はまたやってきます。

 

 

最後に

この方は、リラックスできる方法を「温泉に行く」ことで改善させることができたようです。

更年期障害で悩まれている方は、何かご自身にあった方法が必ずあるはずです。

同じ悩みを持たれている方の、何かのヒントになればうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 おすすめ記事

更年期障害かな?と悩んでおられる方へ読んでもらいたい克服体験談!

更年期障害を改善!アロマで症状を解消させた女性の体験談とは!

更年期障害の症状を改善!つらい症状を改善させた女性の提案とは!

更年期障害の改善!リラックス方法を見つけた女性の体験談とは!