ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

痔の症状を改善!妊娠中から出来た痔で悩まされた女性の提案!

f:id:otameshisan:20170311135820j:plain

妊娠をきっかけに痔が・・・
体調の変化で、この時期に発症する方は多いですね。
ひとりで悩んでおられる方も多いのでは。。。
悩んでおられている方に、、、是非読んでもらいたい

 

妊娠、出産時に痔になりやすいのは

妊娠、出産時に痔になる方は非常に多いです。
妊娠を経験した女性の約半数にもおよぶほどです。

妊娠中になりやすい原因は、肛門や直腸あたりの静脈が、大きくなった子宮に圧迫されて、うっ血してできやすくなります。

また妊娠中は便秘にもなりやすく、便を出そうと力むのも痔の原因になります。

当然、出産時の力みも、肛門に負担がかかってしまい悪化させてしまいます。

 

そこで今回は、妊娠中から出来た痔の症状を改善させた女性の体験談を紹介します。

 

妊娠中から出来た痔の症状を改善させた女性の体験談!

私の痔の症状の悩みとは

女性は妊娠中、産後に痔になりやすくなります。便秘がちになり、痔になってしまう人や、出産の時に強くいきむため、痔になってしまう方もいます。

それで、産後すぐに始まる母乳育児のため、あっという間に水分不足になり、さらに便秘がちになったりして痔が悪化することもあります。

また、産まれたばかりの赤ちゃんをお世話しなくてはならず、24時間ほぼ忙しくしていますので、ゆっくりお風呂に浸かってお尻周辺を温めることもなかなかできません。

また、授乳は1日に何度もあります。1時間に2、3回することもあるので、ママは座りっぱなしが多くなり、お尻の血行がどうしても悪くなります。

そんな理由から、容易に痔が悪化してしまいます。

 

私の痔の症状の悩みに関するエピソード

私は妊娠中に、痔になりましたが、その時は病院からもらった軟膏でその都度良くなっていました。

しかし、出産の時にいきみすぎて痔になった時は、何を塗ってもほとんど効果がありませんでした。

とにかく便を出すのが怖くて痛いので、ご飯を食べすぎないようにしていました。でも、赤ちゃんのためにいい母乳もあげたかったのでとても困りました。

授乳中は、水分がどんどん不足していきます。常に喉が渇いているような状態でしたが、産後は自分の事をする時間がほとんどなく、水分補給することもおろそかになっていました。

それで、痔が悪化し、座っても寝ても常に痛い状態が続き、陣痛の痛みよりも辛かったような気がしました。赤ちゃんを抱っこして授乳する際も、お尻が地面に触れないように気をつけていました。

 

私の痔の症状を改善させた方法とは

あまりに痔がひどくて、一日中それがストレスになっていたので、産後2週間ほどで、病院に行くことにしました。

今度は産婦人科ではなく、きちんとみてもらいたかったので、肛門科に行きました。少し恥ずかしかったですが、あまりの痛みで、とにかく治してほしい気持ちで一杯でした。

切れ痔が悪化していたので、軟膏二種類と、座薬タイプの薬、クリームタイプの塗り薬をもらいました。また、便を柔らかくする薬ももらいました。

早く治したかったので、帰ってすぐ薬を塗りました。正直、薬を塗っても、すぐに痛みがなくなるわけではなく、傷が修復されるまでは時間がかかりました。

しかし、それでも排便をしなければならなかったのが辛かったです。せっかく修復されつつあったのに、排便のたびに切れるという状態でした。

座薬も1日2回いれて、薬をしっかり塗っていましたが、劇的に良くなることはありませんでした。

 

とにかく便を柔らかくし、カチカチになったものは絶対に出さないように気をつけました。便を柔らかくする薬を飲んでいましたが、それよりも、もっと効果があったのは、「水分」を自分が思っているよりも多くとったことと、「乳酸菌」の入った飲み物や食べ物、「ヨーグルト」などを意識してとることでした。

「ヨーグルト」は1日に一個は必ず食べ、それプラス「乳酸菌飲料」も飲みました。また、授乳中は1日に何度も小まめに「水分」を取るようにしました。カフェインの入っていないお茶、例えば麦茶や、番茶などを「2リットル以上」は飲むようにしていました。

そうすると、薬を使わなくても便が柔らかくなり、排便の際に力む事がなくなりました。そして、その後には必ず軟膏をベッタリと塗って、傷がこれ以上大きくならないように気をつけました。

今でも時々切れてしまう事がありますが、水分を多くとったり、乳酸菌を摂る事で、悪化せずにすんでいます。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

妊娠中から授乳中まで、女性は体のトラブルや不調に悩まされますが、解決策を知っていれば、乗り越えやすいです。

痔になってしまったら、病院へ早めに行ったほうがいいと思います。

また、薬だけではなく、食生活や、水分をたくさん摂ることも意識していくといいです。

産後1ヶ月をすぎたら湯船につかれるので、お風呂に入ってお尻を温めるといいですよ。

 

 

痔の症状の最後に

この方は、肛門科のお医者さんにかかりながら、食生活を改善し、水分をたくさん取ることで解決されました。

なかなか、女性で肛門科に行くのは抵抗があると思いますが、ちゃんと処方してもらうのは大事ですね。

一人で悩んでおられている方も、この方の体験を参考されてみては!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 おすすめ関連記事

肌トラブルの原因は便秘だった!改善された女性の体験による提案とは

便秘を解消した方法!薬に頼らずに解消した女性の提案とは!

便秘を改善!色々試したけど効果がない方への1つの提案!

便秘対策!長年、悩まれていた女性が改善させた2つの方法とは!

便秘の解消方法!!ながく頑固な便秘に悩まされた女性の体験談とは

痔の症状を改善!妊娠中から出来た痔で悩まされた女性の提案!

便通を改善!つらい便秘を解消させた女性の1つの提案とは!

頑固な便秘を改善!つらい症状を改善された女性の体験談とは!

便秘を改善!薬に頼らず改善させた女性の体験からの提案とは!

便秘対策!長年の辛い便秘を治した女性の体験からの提案とは!