読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ukiukiLab

ウキウキラボはお悩みを解決された方の実体験をもとに美容と健康を考えます!

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談とは!

f:id:otameshisan:20170428170714j:plain

出産後、痔に悩まされるママはたくさんいます。
一人で悩みを抱えている人が多いようです。
誰にも言えずにずっと我慢をしているママもきっと多いのでは。
ぜひ、この方の体験談を読んで行動に移してください。

 

なぜ妊娠中、産後に痔になるの?

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が多くなることによって腸の動きが悪くなるため、便秘がちになります。硬くなった便を外に出そうと強くいきんで、肛門の出口付近で切れ痔になりやすくなります。

また出産時に強くいきむと、肛門に負担がかかって、切れ痔になることがあります。

そして産後は、授乳することで体内の水分が不足ぎみになり、便が硬くなって便秘になりやすくなります。育児による疲れやストレスによって便秘がちになり、その結果、痔を発症しやすくなります。

 

そこで今回は、産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談を紹介します。

 

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談!

私の痔の治療の悩みとは

妊娠中は痔になりやすくなる、と言われていますが、まさに私もそうでした。妊娠中の痔については、産科からもらった塗り薬ですぐに良くなりましたが、ひどかったのは、産後すぐに始まった痔でした。

初めての出産で、いきむ事もうまくわからずに、思いっきりいきんだのが原因だったと思います。産後すぐ、助産師さんから痔が少し飛び出ている、と言われましたが、その時はそうですか、とあまり気になっていませんでした。

 

母乳育児でしたので、水分をあっという間に母乳の方に持っていかれ、水分不足状態が続いてしまいました。そのため便がかちこちに固くなってしまい、排便時にはかなりの痛みをともないました。切れて出血もしましたし、中から飛び出てきた痔が大きくなってしまいました。

 

私の痔の治療の悩みに関するエピソードとは

出産時に会陰切開もしたので、縫った後はとても痛くて痛くて、排便するのがとても怖かったです。おしっこするのもとても怖くてしみるのではないかとか、裂けるのではないか、など心配でしたが、それはありませんでした。

とにかく排便するのが恐怖でご飯をほとんど食べないようにするほどでした。それでも、良い母乳のためにと思ってしっかり噛んで食べることにしました。

 

しかし痔はなかなか治らず、入院中は円座が欠かせなくて、家に帰ってからも地べたに座ることができず、赤ちゃんに授乳する時の姿勢でお尻がつかないように工夫して座っていました。

そのため肩や腰、腕がとても疲れました。痔は日ごとに悪化し、寝ている時以外は一日中お尻がジンジン痛かったです。

 

私の痔の治療の悩みを解決した方法とは

妊娠中から塗っていた婦人科で出してもらった薬を毎日何度も塗っていましたが、全然効かず、それどころか排便の度に切れて出血し、悪化していたので、肛門科にいってみてもらうことにしました。

お尻を出すのは恥ずかしかったのですが、それより痛みがひどかったので、一刻も早く診てもらいたいという気持ちの方が勝っていました。

診察では触診がありました、切れているところを確認し、切れ痔と判断されました。薬は気軽に1日に何度も塗れる塗り薬と、ステロイド入りの塗り薬と、座薬のような形をした注入タイプの薬と便を柔らかくする薬と胃薬と、痛み止めの飲み薬を出されました。

 

これだけの薬があれば治るだろうと少しホッとしていました。先生からは便が下痢ほどではないが少し緩くなるように、排便時に切れないような固さの便になるように目指しましょうと言われました。

帰ってすぐに飲み始めました。ステロイド入りの塗り薬はけっこう良く効きました。一日中痛かった痛みが消えて、普段の生活はだいぶ楽になりました。お尻のことは忘れて赤ちゃんのお世話に集中できました。

 

また、便を柔らかくする薬も飲んだらすぐに効きました。特にお腹が痛くなるわけでもありませんでしたし、確かに便が柔らかく出しやすくなりました。

排便後はお尻をトイレットペーパーで拭くのではなく、ウォシュレットを使って優しく洗い流してくださいと言われました。こすることが悪化するらしいのです。

それでも排便時には、やはり切れてしまい、なかなか元に戻りませんでした。切れては薬を塗り、また切れては薬を塗り、の繰り返しでした。

 

これは後で気づいたのですが、授乳中は、本当に水分不足になりやすく、便がかちこちになりやすいので、私は超水分不足でした。そのためなかなか痔が治らなかったのです。

きっと授乳中でない人であればもっと早く治っていたはずです。それから水分不足をふせぐため水2リットル以上はのみ、さらにヨーグルトや、乳酸菌飲料も摂るようにしました。そうすると薬では治らなかった痔がようやく治りました。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

妊娠中から痔の方は是非気をつけていただきたいです。正直、陣痛や出産の痛みは、時間が経てばなくなりますが、痔の痛みは私のように数ヶ月続くこともあります。

出産より痛いという人がいるのはこのためだと思います。

出産の時のいきみで、切れてしまった場合は肛門科で診てもらい、適切な薬を塗り、しっかりと水分を摂り、お尻をお風呂に入って温めたり、ウォシュレットを使うなど徹底的に対処する事で悪化せずにすみます。

悪化してしまうとひどい痛みになるので、軽めのうちにしっかりと治してください。

 

 

痔の治療の最後に

この方のように、妊娠中から産後にかけて痔になる方は多いですね。

産後の育児の忙しさから、ほったらかしに・・・。

しかし一人で悩まず、この方のように肛門科に受診してみては。

痔の原因のほとんどが便秘による固い便が影響しています。

お医者さんに、切れ痔の塗り薬や便をやわらかくする薬を処方してもらえます。

同じ悩みをお持ちの方に、何か参考になればとおもいます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おすすめ関連記事

痔の症状を改善!妊娠中から出来た痔で悩まされた女性の提案!

切れ痔の治療に成功!辛い思いから解放された女性の提案とは!

イボ痔を治療!注射療法で完治された女性の体験談とは!

産後に悪化した痔と向き合い治療に成功した女性の体験談とは!

 

PMSのイライラを婦人科へ行き漢方で治療した女性の体験記とは

f:id:otameshisan:20170427163204j:plain

毎月、イライラして怒りっぽくなる・・・
生理前になると症状がでてくる?
もしかしたら、あなたの症状も月経前症候群(PMS)かもしれません。
一人で悩まず、正しくPMSとつきあっていきましょう。

 

PMS

PMS月経前症候群)とは、生理3~10日位前に始まる、さまざまな精神的、身体的な不調のことです。

月経開始前に、体がむくんだり、乳房が張ったり、イライラしたりと不快な症状があらわれます。

 

そこで今回は、PMSのイライラを婦人科へ行き漢方で治療した女性の体験記を紹介します。

 

PMSのイライラを婦人科へ行き漢方で治療した女性の体験記

私のPMSのイライラの悩みとは

30代後半頃から、無性にイライラしたり、子供に怒りをぶつけてしまうことが多くなり、自分でも何であんなにイライラしたのか理由がわからないことが続きました。

いつもなら何とも思わないことにイライラし、少し子供がうるさいだけでも、急に頭にきて八つ当たりしてしまう自分がとても恐ろしく、虐待をしているのではないかと思うほどでした。

 

ただそれが、いつも生理前1週間頃に起こり、生理が始まるとイライラしなくなることに気づいたことで、PMSではないかと思いました。PMSならホルモンバランスが崩れていることが原因で起こっているということなので少し安心しました。

それまでは原因がわからず、ただその1週間ほどが自分でも自分じゃないような感覚で不安でしたが、原因がわかるだけで精神的に楽になりました。

 

私のPMSのイライラの悩みに関するエピソードとは

初めて自分で自覚した症状は、2人目の子供が生まれたあとでした。36歳で2人目を出産し、その当時上の子供が3歳でした。

出産後のホルモンバランスの乱れと年齢的なことで起こるホルモンバランスの乱れが重なり、それまではあまり上の子供を怒ることはありませんでしたが、少し物を落としたりした程度でも、すぐに怒鳴ってしまうことが増えてしまいました。

 

それまでは、上の子供のことが本当にかわいくて、なにをしても本気で怒ることはありませんでしたが、その頃から、急にイライラするようになったのを覚えています。

その症状が今思えばPMSが原因で起こったことだとわかりますが、当時は何でこんなに怒ってしまうのか、罪悪感でいっぱいでした。

 

私のPMSのイライラの悩みを解決した方法とは

PMSだとわからずにイライラする日々が数年続いた頃、テレビでPMSという病気があるのを知りました。生理前のホルモンバランスの乱れで起こるイライラや頭痛などさまざまな不快な症状は、多くの女性が経験しているということを知り、自分だけじゃないという安心感を得ることができました。

 

自分ではPMSだという自信はありましたが、一応念のために婦人科を受診し、症状を説明し丁寧な問診の後に、尿検査や血液検査、腹部エコーなどをとって、婦人科系の疾患がないかを調べてもらった後、PMSだと診断してもらいました。出産してから婦人科系の健康診断を行っていなかったので丁度よかったです。

PMSの薬として、私の場合は漢方薬を処方してもらいました。低用量ピルが多くの病院で処方されているようですが、私が行った婦人科ではできるだけ漢方での治療を推奨しているようでした。私も少しピルには抵抗があったので、漢方薬で様子をみてみることにしました。

 

漢方薬を服用してからは、あれだけイライラしていたのが嘘のようにほとんどイライラすることもなく、急に怒るようなことも少なくなりました。漢方薬の力もあると思いますが、原因がわかったことで精神的に安心したのも原因ではないかと思っています。また、漢方薬は根本的に体質を改善していくことで、症状を解消することができるようなので、自分にはあっていると思っています。

 

病院で処方された漢方薬を飲みきってからは、市販の漢方薬を購入して飲んでいます。また、薬だけに頼るのではなく、食生活や生活習慣も見直すことも大切だという話を聞いたので、野菜を多く摂るようにし、イソフラボンも豊富に含まれている大豆製品も積極的に摂るようにしています。今でもときどきイライラすることはありますが、もうすぐ生理が始まるんだという合図程度に思うようにしています。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

PMSの症状は、人によって異なると思いますが、原因がわかれば適切な対処法もありますから、一度婦人科を受診することをおすすめします。

私の場合、本当に子供を虐待しているのではないかと自分を責めて悩んだこともありますが、女性なら誰でも起こりうる症状だということを知って、ずいぶん気が楽になりました。

症状が重い人でも、適切な治療を受ければきっと改善しますから、一度婦人科を受診してみてください。

 

 

PMSの治療の最後に

この方のように、産後にホルモンバランスが変化しPMSの症状に悩まれる方は多いですね。

最初は、なぜ?こんなにイライラするのかわからず不安になる方も・・・。

生理周期とイライラが関連していそうだなと思ったときはPMSをうたがうのも1つですね。

そして、おもいきって婦人科を受診すれば、解決の道がみえてくるかも。

同じ悩みでおこまりの方に、何か参考になればとおもいます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 おすすめ関連記事

PMS対策!酷く悩まれていた方の改善させた3つの提案とは!

生理前の"イライラ"を解消された女性の体験からの提案とは!

"生理前のイライラ"を解消された女性の独自の提案とは!

生理痛を改善!漢方でひどい生理痛を改善させた女性の体験談とは!

PMS対策!生理前の辛い症状を改善させた女性の体験からの提案とは

PMSかな?一人で悩まないで婦人科に行き漢方で改善させた体験談!

PMSのイライラを婦人科へ行き漢方で治療した女性の体験記とは

 

PMSかな?一人で悩まないで婦人科に行き漢方で改善させた体験談!

f:id:otameshisan:20170426125145j:plain

なぜかイライラする。。。
感情をおさえられない・・・。
なぜか生理前にくるこのイライラは何?
PMS月経前症候群)という症状をご存知ですか?
実は、女性の約85%はPMSに悩まされているそうです。

 

PMS月経前症候群)は

PMSとは月経前症候群といわれ、生理前におこるイライラ、肌荒れ、むくみ、腹痛、眠気などの不快症状のことです。

女性が生理になる3日~10日前頃に症状がおきて、生理開始とともに解消されます。

最近の研究では、女性ホルモンのバランスが崩れることでPMSが発症すると考えられているようです。

 

そこで今回は、つらいPMSの症状を婦人科に行き漢方で改善させた女性の体験談を紹介します。

 

つらいPMSの症状を婦人科に行き漢方で改善させた女性の体験談

私のPMSの症状の悩みとは

私は20歳を過ぎた頃から、生理2週間前の排卵期あたりから生理開始日まで不調が続くようになりました。症状としては主に気持ちの浮き沈みやイライラ、頭痛などです。

はじめはこの不調が何なのかわからず、すごく悩みました。1ヶ月の半分はこの症状に悩まされていることになるので相当です。精神系の病気かも知れないと思いましたが、私は心の方は強いので、まさかなぁという感じでした。

 

その症状はだんだん酷くなり、気持ちのコントロールが出来なくなるまで悪化しました。小さなことが気になり、イライラに繋がるのです。プラス思考だったのが嘘のように私は変わっていきました。その変化が自分でも分かるので、それがとても恐怖でした。

 

私のPMSの症状の悩みに関するエピソードとは

気持ちのコントロールが効かなくなると、その矛先は母親と彼氏に向かいました。もともと穏やかでマイペースな性格なのに、それが一変するので母親も彼も相当驚いていました。

 

牙を剥く理由も普段なら何てことないものです。私がテレビを観ているのに話しかけてきたり、約束に5分遅れたり、本当に些細なことでした。イライラのスイッチが入ってしまうといくら謝られても許すことができません。

過去の出来事も洗いざらい出してきてはなじって嫌味を言います。そうなると、はじめは申し訳ないと思っていた相手も腹が立ってきます。そこで言い合いになり、彼とは何度も大喧嘩をしました。別れ話にまで発展したこともあります。

 

しかし、生理がくるやいなや今までの気性の荒い私がいなくなり、いつものように穏やかな私に戻るので、彼は相当困っていました。私はこの気持ちの変化の原因はなんだろうと悩んでいました。

 

私のPMSの症状の悩みを解決した方法とは

何ヶ月か経ち、私はあることに気が付きました。いつも生理が始まるとイライラが治るということがわかり、もしかしたら婦人科系の病気かも知れないと疑いました。

精神科を考えていた私でしたが、とりあえず婦人科で相談してみることにしたのです。私の症状を聞いた医師はあっさり「PMSですね。」と言いました。初めて耳にする名前だったので頭にハテナマークがたくさん浮かびました。

PMSはホルモンのバランスが崩れることによって起こる不調なのだそうです。症状の出方は人それぞれで、私のように人格が変わってしまう人もいれば、塞ぎ込んだり暴飲暴食をしたりさまざまです。

 

それを聞いて私はとてもホッとしました。精神系の病気ではなかったからです。原因はホルモンバランスの崩れから起こっていることがはっきりとわかれば、これからどうしていけば良いかも分かります。

医師はピルの服用を勧めてきました。しかし私はピルは副作用があると聞いたこがあったので、別の方法がいいと言いました。

次に漢方を提案していただき、しばらく漢方を飲みながら様子を見ることにしました。便秘がちであることからツムラの「桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)」という漢方が処方されました。そのままでは苦くて飲めないので、オブラートに包んで飲むとスルっと飲むことが出来ました。

 

漢方は副作用が少ない代わりに効果を発揮するのに最低3ヶ月はかかると言われました。私にとっては何ヶ月かかっても、体に安全なものの方がいいという気持ちが強かったのです。運が良かったのか、効果はすぐに現れました。

漢方を飲み始めて1週間後からお通じが良くなり、毎朝快便になったのです。お通じが良くなると、体内の老廃物もすっきりなくなるので、そのお陰か翌月PMSの症状が緩和されました。

私はとても嬉しくなり、漢方だけに頼らず偏っていた食生活も改善するようにしました。今ではイライラしてもコントロールできる程度の普通のイライラなので、本当に嬉しいです。

 

同じ悩みを持っている方にメッセージ

PMSのような、こんなに辛い症状があるとは知りませんでした。私のように、もともと心も体も元気な方は余計に悩まれると思います。精神科はハードルが高いし勇気がいります。

しかし同じような症状でも私のように婦人科系の病気である場合もあるのです。

イライラが起こる頻度などを確かめて、生理がくるとそれまでの症状がピタッとやんだらPMSの可能性が高いです。

PMSは緩和できますから、我慢せずに受診してください。

 

 

PMSの症状の最後に

この方のように、PMSの症状が最初は精神的な問題なのかと悩んでおられる方は多いですね。しかし精神科に行くのはちょっとハードルが高いので困っている方も、、、。

だけど生理の周期との関係を考えるとPMSの可能性があります。

この方のように、定期的にイライラがきたりする場合はPMSを疑ってください。

そして一人で悩まないで婦人科を受診してみてください。
この方のように、何か解決の道がみつかるかもしれません。

PMSのことを、よく知って上手に付き合っていきたいものですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 おすすめ関連記事

PMS対策!酷く悩まれていた方の改善させた3つの提案とは!

生理前の"イライラ"を解消された女性の体験からの提案とは!

"生理前のイライラ"を解消された女性の独自の提案とは!

生理痛を改善!漢方でひどい生理痛を改善させた女性の体験談とは!

PMS対策!生理前の辛い症状を改善させた女性の体験からの提案とは

PMSかな?一人で悩まないで婦人科に行き漢方で改善させた体験談!

PMSのイライラを婦人科へ行き漢方で治療した女性の体験記とは